So-net無料ブログ作成

井岡一法のカテゴリ記事一覧

最新のトレンドニュースを、様々な切り口で検証し、ニュースの裏側を読み解いています

カテゴリ:井岡一法

井岡一法のカテゴリ記事一覧。最新のトレンドニュースを、様々な切り口で検証し、ニュースの裏側を読み解いています

井岡一法
プロボクサーの井岡一翔選手はいまや3階級世界王者として大活躍しています。その父親でもある井岡一法さんは、プロモーター兼トレーナーとして活躍しているものの、何かと..

記事を読む

井岡一法
三階級王者として活躍中のプロボクサー井岡一翔。井岡一翔の父親である、井岡一法には様々な疑惑やニュースが飛び交っています。その中のひとつ「井岡一法 少年院」という..

記事を読む

井岡一法の喧嘩がヤバすぎるww

プロボクサーの井岡一翔選手はいまや3階級世界王者として大活躍しています。

その父親でもある井岡一法さんは、プロモーター兼トレーナーとして活躍しているものの、何かと噂の多い人物でもあります。

ネットで井岡一法と検索すると、いくつも香ばしいキーワードが出てくるのですが、今回はその中の「井岡一法 喧嘩」について調べてみました。
スポンサードリンク





井岡一法 喧嘩とは?


boxing.jpg
引用:http://hand-to-hand-combat.hatenablog.com/
井岡一法 喧嘩 

いったいどんな喧嘩だったのか気になりますよね。

そこで調べてみましたが、これといった情報はみつかりませんでした。

井岡一法さんは16歳のときに恐喝で少年院に入っていたことがあったのですが、その恐喝が喧嘩だったのではないか、といいう理由のようです。

大人になってからは、収監されたとかそういった類の話はないので、現在は全く喧嘩するといったことはないのでしょう。


そもそも元プロボクサーですから、喧嘩はご法度のはずですしね。



喧嘩だけでなく乱闘事件も!?



実は井岡一法は世界戦の舞台で乱闘騒ぎも起こしていました。


その舞台となったのは、弟である井岡弘樹の現役時代の世界戦でのこと。

3度目の防衛戦でのことでした。
相手はナパ・キャットワンチャイとの試合でのこと。


試合内容は、ナパ・キャットワンチャイが圧倒的な試合内容で井岡弘樹を判定で下しタイトルを獲得しました。

誰がみても明らかにナパの勝ちで、ごく当たり前の判定結果でした。


しかし判定に納得のいかなかった井岡一法は、リングに上がりナパ・キャットワンチャイに飛び掛り乱闘騒ぎに発展してしまいました。

しかも30分近くも暴れまわっていたそうです。


正直世界戦でこのような乱闘騒ぎが起こるのは稀、というか前代未聞。 現在のボクシング界でもまず見かけることはありません。


そのため、井岡一法の世界戦での乱闘騒ぎはある意味伝説として語り継がれています。


井岡一翔の試合でも乱闘騒ぎを起こしていた!



実は井岡一法さんは、息子である井岡一翔の試合でも乱闘騒ぎを起こしていました。

しかもプロの試合ではなく、高校生の試合でのことでした。


井岡一翔が高校3年生で出場した全日本選手権のブロック予選でのこと。

高校6冠を達成し、社会人も出場する全日本選手権に出場して東農大2年の選手に判定負けしてしまいました。


このとき、やはり判定に納得いかなかった井岡一法は抗議し、当然判定が覆るはずも無く、怒りにまかせて机やイスを蹴り飛ばしたりして乱闘騒ぎをおこしたようです。

まとめ




喧嘩の理由やいきさつはよくわかりませんでしたが、乱闘騒ぎを起こすなど、かなり血気盛んな人柄のようですね。

しかし毎年大晦日に世界戦の興行を行うなど、プロモーターとしての手腕はなかなかのものです。


今年の大晦日も井岡一翔の試合を全国ネットで楽しみたいですね。
スポンサードリンク


 カテゴリ

 タグ

【脱税疑惑!?】井岡一法は少年院にいたこともあったというのは本当?

三階級王者として活躍中のプロボクサー井岡一翔。

井岡一翔の父親である、井岡一法には様々な疑惑やニュースが飛び交っています。

その中のひとつ「井岡一法 少年院」というキーワードにスポットを当てて調べてみました。
スポンサードリンク





井岡一法と少年院とは?


boxing.jpg
引用:http://hand-to-hand-combat.hatenablog.com/

ネットで井岡一法と検索すると幾つか出てくるキーワードの中のひとつ「井岡一法 少年院」

これってどういう意味なのか気になりますよね。


調べてみたところ、井岡一法は16歳のときに恐喝事件で少年院に送られていたようです。

何年入っていたまでは分かりませんが、弟である井岡弘樹選手が世界王者を獲ったときはまだ少年院にいたそうです。


井岡一法はどのくらい少年院にいたの?



調べても詳しい年数などは見つからなかったので、様々な情報から推測してみました。

井岡一法のエピソードに、弟の井岡弘樹が世界王者になったときはまだ少年院にいたときに教官から言われた言葉があります。

「弟があんなに頑張ってんのにお前はこんな所へ入って何しとんねん」

と言われた、というものがありました。


この少年院でのエピソードから推測してみます。



【井岡弘樹が世界王者になったのはいつ?】

井岡一法の弟である井岡弘樹が世界王者になったのは18歳のとき 1987年のことでした。

獲得した階級は、WBC世界ストロー級(現在ミニマム級)です。


年齢差が分からないので詳しくは分かりませんが、弟である井岡弘樹が世界王者になったのが18歳。

井岡一法が少年院に入ったのが16歳ということなので、年の差が1歳だったとしても3年近く入っていたことになるのではないでしょうか?

現在の井岡一法は?



少年院を出所してからは必死にボクシングに向き合い、弟の井岡弘樹と同じくプロボクサーとしての道を歩き始めました。

しかし選手としては1試合だけで、その後はトレーナーの資格を取得し、選手のサポート側にまわるようになりました。


そして現在は「井岡ボクシングジムプロフェッショナル」の会長兼トレーナー兼プロモーターとして活躍しています。

この「井岡ボクシングジムプロフェッショナル」に息子の井岡一翔をはじめとした多くのプロボクサーが所属しています。

世界・東洋・日本王者と数多くのチャンピオンを輩出している名門ジムとして有名です。


またプロモーターとしての手腕も高く評価されています。

近年大晦日に井岡一翔の世界戦が行われ、その試合が全国ネットでテレビ中継されるのも、プロモーターである井岡一法の力なのかもしれませんね。


今年も大晦日に井岡一翔の世界戦が決まっていますから、いまからテレビ中継が楽しみです!
スポンサードリンク


 カテゴリ

 タグ

Copyright © トレンドニュースの検証ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。